現在の位置

協議会について

設立趣意

このほど、関西に拠点を置くライフラインや交通などの事業者、自治体、報道機関、専門家が参加し、インターネットのクラウドサービスを使ってさまざまな情報を共有・活用する新しいシステム「かんさい生活情報ネットワーク」を発足させることになりました。業態も規模も文化も違う団体が、主に災害時を想定し、これほどの規模で連携をはかる試みは、過去に例がありません。


東日本大震災では、発災直後から電話やFAXが通じなくなり、さまざまな情報のやり取りができなくなりました。南海トラフの巨大地震などの大規模で広域的な災害、そしてゲリラ豪雨などの頻発する局地的な災害に際し、被害の軽減を図り、また早期の復旧・復興を実現させるためには、多くの事業者や自治体、報道機関、専門家が、これまで以上に密接に連携することが求められます。


簡単・確実・安全・安価を旨とする新しいシステムの活用を通して、災害時に住民の生命や財産を守るとともに、さまざまな団体の危機管理や事業継続に貢献することを目指します。是非、趣旨にご賛同いただき、多くのみなさまのご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

協議会概要

名称

かんさい生活情報ネットワーク協議会

目的

参加企業・団体が連携し、ライフラインや交通などの情報を共有するポータルサイトを構築・運営する。共有情報を報道や広報等に広く活用し、住民の生命や財産の保護 に生かすと共に、企業や団体の危機管理や事業継続に役立てることを目的とする。

年会費

1万円/団体

会長

室﨑益輝

副会長

岡田憲夫 飯尾能久

幹事

  • NHK大阪放送局(代表幹事)
  • 株式会社スマートバリュー(事務局)
  • 関西情報センター
  • 関西電力
  • 大阪ガス
  • NTT西日本
  • 朝日新聞大阪本社
  • FMちゃお
  • 朝日放送
  • サンテレビ
  • 大阪府危機管理室

監査役

  • オージス総研 取締役 常務執行役員 熊走知紀
  • 地域計画建築研究所 取締役副社長 堀口浩司

アドバイザー

  • 永松伸吾
  • 紅谷昇平
  • 照本清峰
  • 宇田川真之
  • 奥村与志弘

関連情報

ページトップに戻る